人気ブログランキング |

関節注射

変形性膝関節症にて、膝の中に注射をすることがあります。

ほとんどの患者さんは、膝の内側に痛みがあり、レントゲン上でも、内側の軟骨が痛んでいます。

しかし、注射は、外側からします。そんな時に、患者さんは、「私が、痛いのは、内側です。」と言われます。

考えてみると、内側が痛いのに、外側に注射をすることは、おかしいと思いますよね。それは、私が、勘違いして外側に注射をするんじゃなくて、関節の中は、袋状になっていますので、外側からうっても、内側からうっても、前からうっても、どこからうっても構わないのです。

ただ、私たちが注射をするときには、一番安全で、うちやすい所からしますので、外側になるのです。

決して、間違って注射しているんじゃないですよ。
by oguni-u | 2009-04-03 17:12
<< 雨の土曜日 乳幼児予防接種 >>