人気ブログランキング |

2009年 01月 28日 ( 1 )

リウマチ性多発筋痛症

全身の疼痛で、受診される患者さん中には、リウマチ性多発筋痛症を考えます。

リウマチという名前がついていますが、関節リウマチとは、違う疾患です。

症状としては、肩から上腕、頚部、臀部から大腿などの筋肉の痛みやこわばりから始まる方が多いようです。

診断を確定する特有な検査はありませんが、体の炎症症状を示す赤沈検査や血清CRP濃度が高値となります。リウマトイド因子や抗核抗体などの免疫異常は、通常は認められません。

治療としては、ステロイド治療がよく効きます。

当院でも、現在、この疾患で数人の方にステロイドを処方しています。しかし、ステロイドの副作用を考慮しながら、薬の調節をしていくのは、なかなか厄介なものです。
by oguni-u | 2009-01-28 17:43